サラリーローンとは?

サラリーローンとは?

「サラリーローン」というのは、簡単に説明すると、ノンバンクによる消費者への小口の無担保融資のことです。
サラリーマン金融、略してサラ金とも呼ばれてきました。
銀行と比較すれば、「無担保でもお金を貸してくれる」など、利用条件がやや緩いということもあり、今では幅広く利用されています。
利息の方は、その分、銀行よりやや高めというのが一般的です。
それでも、キチンと計画的に返済をすればオッケー。
「お財布代わり」に使うようなヘビーユーザーも存在するようです。

サラリーローンでも、融資に際しては、しっかりと審査を課しています。
内容としては、収入面、家族構成など、身元がしっかりとしていることや返済能力が問われることが大半です。
その上で、殆んどのサラリーローンでは、運転免許証、健康保険証などの身分証明証の提示が求められます。
最近では、審査に際しても、スピードアップが図られ、Webサイトを利用すれば30分足らずで融資可能かどうか、結果がはじき出されるという業者も増えています。
仕事で忙しくても、インターネットにアクセスできれば、お金が借りられるという本当に便利な時代になりました。

利用限度額は、初回は50万円までというのが大半のようです。
そして、きちんと返済するなどで実績を積み上げていけば限度額も上昇するというのが一般的です。
中には300万円まで可能というケースもあります。
さらに1000万円までという業者もありますが、必要もないのに限度額いっぱいに借りるというのは、おすすめできません。
あくまでも「借金」なのですから、当然、後には返済が待ち構えています。
サラリーローンの利用は、いつでも計画的にというのが鉄則です。

2009年12月14日|

カテゴリー:サラ金・サラリーローンのトリビア