トップページ > 消費者金融豆知識 >  消費者金融・法改正

消費者金融・法改正

2006年12月、「貸金業の規制等に関する法律等の一部を改正する法律」が成立しました。
「改正貸金業法」という略称で、巷で話題になっています。
翌年12月より段階的に施行され、2010年6月中旬を目途に完全施行されることになっています。
この法改正により、貸金業、特に消費者金融業界には、抜本的な変化にさらされることとなります。
法改正の主な柱は、次の3点です。
つまり...

消費者金融 総量規制

紆余曲折がありましたが、「改正貸金業法」がやっとのことで国会で可決されました。
移行期間を経て、2010年6月には完全施行されることになっています。
新しい法律には、消費者金融業界の適正化を目指す条項がいろいろと盛り込まれています。
貸し手に対する「総量規制」もその内の一つです。
要するに、消費者金融からの借入金額の総額が一定限度以下になるように抑え込むというものです。
総量規制が実施されると、借り手は年収の三分の一を超えての借り入れができなくなります。

消費者金融 総量規制の続きを読む

このページのトップへ↑

サイトマップ  
Copyright © 2008 消費者金融ランキング· All Rights Reserved·
外国為替の相場