Top >  > 審査即日対応業者の審査時間比較一覧

審査即日対応業者の審査時間比較一覧

なにしろ早く借りたい!
即日審査で申込たい!という方のための比較一覧表

プロミス

最短1時間【3項目・3秒診断】
Web契約で当日振込(※平日14時までにWEB契約完了が必要)できる《プロミス》


モビット

125×125 静止バナー【10秒で簡易審査結果表示】
PC・スマートフォンからWEB完結!限度額800万円&年利3.0%~18.0% 《モビット》


アイフル

アイフル【最短30分で審査完了】
即日融資・即日振込可の《アイフル》

審査にはどうして時間がかかるのか

消費者金融やカードローン会社でお金を借りようとすれば、かならず審査を受ける必要があります。
もし、あなたが誰かにお金を貸すとして、相手が、きちんと貸したお金を返すことができるのかを、なんらかの基準でリサーチしなくては貸すことはできないでしょう。
銀行などの場合、その根拠を「資産があるか」「持ち家かどうか」「定職についているか」「預金口座にはいくら預金されているか」などを調べた上で判断していました。
また、質屋の場合は、預かった品物が担保となっています。

では、無担保で、資産状況の調査も行っていない消費者金融会社の場合はどうやっているのでしょう。
まず、定収入があるかどうかや、本人かどうかのチェックは当然行います。
その上で、これまでの金融履歴に瑕疵がないかどうかのチェックを行います。
わかりやすく言えば、ブラックかどうかです。
一般に言われるような「ブラックリスト」という一覧表があるわけではありませんが、過去に金融会社とのトラブル...具体的にいえば、支払いの遅延などの履歴があれば、それは今ではそういった金融関連の情報を蓄えているデータベースに記録されています。

以前は、その紹介にある程度時間がかかっていましたが、今ではコンピューターとインターネットの発達により、かなりスピーディにチェックできるようになりました。

また、「どのレベルの遅延履歴のある人が、将来、どれくらいの事故を起こす可能性があるか」といったリスク計算も、以前とは比べものにならないくらい高精度に計算できるようになっていることでしょう。
今では、秒単位で結果がわかり、その日のうちに融資が手軽に受けられるように時代になりましたが、それも技術のおかげなのです。

サイトマップ  
Copyright © 2008 消費者金融ランキング· All Rights Reserved·
外国為替の相場